武田・片山・嵐田研

WHAT'S NEW

ここでは研究室の活動に関する情報を掲載しています。

2014.12

<研究成果発表(国際会議)> I. Katayama, K. Maekawa, K. Sat, Y. Minami, K. Yanagi, M. Kitajima and J. Takeda, "Fermi Energy Dependence of High-Frequency Coherent Phonons in Metallic Carbon Nanotubes", Internatinal Symposium on Computics: Quantum Simulation and Design (ISC-QSD2014), (1-3 December 2014, Tokyo).

Y. Minami, K. Araki, T. D. Dao, T. Nagao, J. Takeda, M. Kitajima, and I. Katayama, "Nonlinear Dynamics of Electrons on Dirac-Like Band in Semi-Metal Bismuth Induced by an THz Electric Pulse", Internatinal Symposium on Computics: Quantum Simulation and Design (ISC-QSD2014), (1-3 December 2014, Tokyo).

W. Oba, I. Katayama, Y. Minami, T. Saiki and J. Takeda, "Single-Shot Visualization of Ultrafast Amorphization in Chalcogenide Alloy Thin Films", Internatinal Symposium on Computics: Quantum Simulation and Design (ISC-QSD2014), (1-3 December 2014, Tokyo).

<研究成果発表(学会)>

増田開晴、堀内康平、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた光ポンプ-シングルショットテラヘルツプローブ分光法の開発』、第25回光物性研究会(神戸大学、2014年12月12日-13日).

守山茉里、杉山夏輝、首藤健一、片山郁文、北島正弘、武田 淳、『波長分解ポンプ・プローブ測定による二硫化モリブデンの超高速分光』、表面・界面スペクトロスコピー2014(関西セミナーハウス、京都、2014年12月5日-6日).

首藤健一、杉山夏輝、片山郁文、北島正弘、武田 淳、『銀ナノ粒子に吸着・オ・スアルカンチオール鎖のコヒーレント振動モードの超高速時間変化』、表面・界面スペクトロスコピー2014(関西セミナーハウス、京都、2014年12月5日-6日).

大庭 航、片山郁文、南康夫、斎木敏治、武田 淳、"Ultrafast Amorphization of GeTe Induced by Femtosecond Laser Pulses", The 26th Symposium on Phase Change Oriented Science (PCOS2014), (浜名湖ロイヤルホテル、2014年12月4日-5日).

片山郁文、大庭航、南康夫、斎木敏治、武田 淳、(招待講演)"Ultrafast Dynamics of Phase-Change Materials Observed Using Echelon-Based Single-Shot Setups", The 26th Symposium on Phase Change Oriented Science (PCOS2014), (浜名湖ロイヤルホテル、2014年12月4日-5日).

2014.11

<研究成果発表(学会)>

片山郁文,南 康夫,武田 淳(招待講演)、『反射型エシェロンを用いた超高速シングルショット時間・周波数イメージング』、6pDS3、日本光学会年次学術講演会2014(筑波大学東京キャンパス文京校舎、2014年11月6日).

2014.9

<研究成果発表(国際会議)>

K. Yoshioka, Y. Minami, T. D. Dao, T. Nagao, K. Shudo, J. Takeda, M. Kitajima and I. Katayama, "Nonlinear Response of Au Nanostructures Observed with Intense THz Pulses", 39th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves (IRMMW-THz 2014), T5-P16.4 (14-19 September 2014, Tucson, USA). [Best Student Paper/Presentation Award, 2nd place]

<研究成果発表(学会)>

片山郁文、Maria Fernanda Avila、南 康夫、 武田 淳、北島正弘、『波長分解コヒーレントフォノン分光法によるラマン励起スペクトルの導出』、10aPS-115、日本物理学会2014年秋季大会(中部大学、2014年9月10日).

南 康夫、荒木光太郎、Thang Duy Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、『高強度テラヘルツ波照射下における半金属ビスマスキャリアダイナミクスの相対論的解釈』、9pPSA-4、日本物理学会2014年秋季大会(中部大学、2014年9月9日).

南 康夫、荒木光太郎、Thang Duy Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『光及びTHzポンプに・謔髞シ金属ビスマスのキャリア応答観察』、7aAJ-10、日本物理学会2014年秋季大会(中部大学、2014年9月7日).

大庭 航、片山郁文、南 康夫、斎木敏治、武田 淳、『GeTeにおける光誘起相変化のシングルショット実時間観測』、7pAJ-1、日本物理学会2014年秋季大会(中部大学、2014年9月7日).

塩沢 優、栗林知憲、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『強誘電体フォノンポラリトン量子波束の時間領域2次元ラマン相関分光』、7pAJ-4、日本物理学会2014年・H季大会(中部大学、2014年9月7日).

井上正裕、南 康夫、片山郁文、関谷隆夫、渡邊幸志、武田 淳、『ダイヤモンド超格子における励起子発光』、18a-PA3-37、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月18日).

塩沢 優、栗林知憲、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『強誘電体フォノンポラリトン波束の量子制御と2次元ラマン相関分光I:実験』、19p-C2-1、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月19日).

塩沢 優、栗林知憲、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『強誘電体フォノンポラリトン波束の量子制御と2次元ラマン相関分光II:シミュレーション』、19p-C2-2、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月19日).

菊池雄人、片山郁文、南 康夫、武田 淳、『超広帯域パルス整形技術によるコヒーレントフォノン制御』、19p-C2-3、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月19日).

大庭 航、片山郁文、 南 康夫、斎木敏治、武田 淳、『カルコゲナイド半導体薄膜の超高速アモルファス化のシングルショット実時間イメージング』、19p-C2-4、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月19日).

堀内康平、増田開晴、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『高感度シングルショットTHz分光』、20a-C6-2、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月20日).

荒木光太郎、南 康夫、Thang Duy Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『THz-Pump/THz-Prob分光法による半金属ビスマスの非線形キャリア応答』、20a-C6-5、2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月20日).

南 康夫、Thang Duy Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『金薄膜内キャリアの非線形テラヘルツ波応答』、20a-C6-6・A2014年第75回応用物理学会秋季学術講演会(北海道大学、2014年9月20日).

 

2014.7

<研究成果発表(国際会議)>

Y. Minami, T. D. Dao, T. Nagao, J. Takeda, M. Kitajima, and I. Katayama, "Nonlinear Carrier Responses in Gold Thin Films Induced by Intense Terahertz Waves", 19th International Conference on Ultrafast Phenomena, P1.29 (7-11 July 2014, Okinawa, Japan).

K. Maekawa, K. Sato, Y. Minami, I. Katayama, J. Takeda, K. Yanagi, M. Kitajima, "Electrochemical Control of Coherent Phonon Generations in Single-walled Metallic Carbon Nanotubes", 19th International Conference on Ultrafast Phenomena, P1.42 (7-11 July 2014, Okinawa, Japan).

W. Oba, I. Katayama, Y. Minami, T. Saiki, and J. Takeda, "Single-shot Real-time Observation of Ultrafast Amorphization in Ge2Sb2Te5 Thin Film", 19th International Conference on Ultrafast Phenomena, P2.38 (7-11 July 2014, Okinawa, Japan).

K. Araki, Y. Minami, T. D. Dao, T. Nagao, J. Takeda, M. Kitajima, and I. Katayama, "Nonlinear Carrier Dynamics in Semi-Metal Bismuth Induced by Intense Terahertz Field", 19th International Conference on Ultrafast Phenomena, P3.29 (7-11 July 2014, Okinawa, Japan).

2014.6

<研究成果発表(学会)>

Y. Minami, K. Araki, T. D. Dao, T. Nagao, J. Takeda, M. Kitajima, I. Katayama, "Carrier Dynamics of a Bismuth Thin Film Accelerated via Intense Terahertz Field", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO 2014), JW2A.62 (San Jose, USA, June 8-13, 2014, Poster).

I. Katayama, M. Bito, E. Matsubara and M. Ashida, "Broadband Terahertz Generation Approaching Optical Communication Frequency Using Tilted DAST Crystals", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO 2014), JTu4A.86 (San Jose, USA, June 8-13, 2014, Poster).

2014.5

<研究成果発表(学会)>

Isao Morohashi, Ikufumi Katayama, Yoshihisa Irimajiri, Masaya Nagai, Yu Chiba, Masaaki Ashida, Norihiko Sekine, and Iwao Hosako、"Direct Measurement of THz Comb Signals Using a Subharmonic Mixer in the 600 GHz-Band", 4th EOS Topical Meeting on Terahertz Science & Technology, no. 28 (Camgli, Italy, May 11-14, 2014, Invited talk).

2014.3

<研究成果発表(学会)>

塩沢 優、池谷優樹、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた強誘電体LiNbO3フォノンポラリトンの時間領域二次元・宴}ン分光U』、29pPSA-71、日本物理学会第69回年次大会(東海大学、2014年3月29日).

佐藤健次、田原佳祐、南 康夫、片山郁文、武田 淳、柳 和宏、北島正弘、『金属型カーボンナノチューブにおける高周波コヒーレントフォノン』、28pCK-2、日本物理学会第69回年次大会(東海大学、2014年3月28日).

吉岡克将、南 康夫、T. D. Dao、長尾忠昭、首藤健一、武田 淳,北島正弘、片山郁文、『高強度THz波を用いた金微細構造における非線形光学応答』、18p-E17-10、第61回応用物理学会春季学術講演会(青山学院大学、2014年3月18日).

南 康夫,Thang Duy Dao,長尾忠昭,武田 淳,北島正弘,片山郁文、『THz波による半金属ビスマスの光励起キャリアダイナミクス計測』、18p-E17-11、第61回応用物理学会春季学術講演会(青山学院大学、2014年3月18日).

<研究成果発表(研究会)>

塩沢 優、池谷優樹、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた強誘電体LiNbO3フォノンポラリトンの量子制御と時間領域二次元相関ラマン分光』、n33、第9回ナノテク交流シンポジウム(横浜国立大学、2014年3月7日).

千葉 優、 諸橋 功、坂本高秀、片山郁文、関 徳彦、川西哲也、寳迫 巌、『マッハツェンダ変調器型光コム発生器と高非線形ファイバを用いた 超広帯域光周波数コム発生』、n34、第9回ナノテク交流シンポジウム(横浜国立大学、2014年3月7日).

吉岡克将、南 康夫、Thang Duy Dao、長尾忠昭、首藤健一、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『高強度THz波を用いた金微細構造における非線形光学応答』、n35、第9回ナノテク交流シンポジウム(横浜国立大学、2014年3月7日).

堀内康平、増田開晴、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『高感度シングルショットTHz分光の開発』、n36、第9回ナノテク交流シンポジウム(横浜国立大学、2014年3月7日).

越知 章、片・R郁文、武田 淳、『反射配置を用いた高波数フォノンポラリトンの検出と分散決定』、n37、第9回ナノテク交流シンポジウム(横浜国立大学、2014年3月7日).

2014.2

<研究成果発表(学会)>

M. Ashida, E. Matsubara and I. Katayama, "Ultra-broadband IR and THz generation and detection with ultrashort pulses", Photonics West 2014, 8964-7 (San Francisco, USA, February 1-6, 2014, Invited talk).

2014.1

<研究成果発表(学会)>

武田 淳、南 康夫、片山郁文(招待講演)、『強誘電体におけるフォノンポラリトン波束伝播の実時間イメージングとコヒーレント制御』、21aV-1、第34回レーザー学会(北九州国際会議場、2014年1月21日).

2013.12

<研究成果発表(研究会)>

佐藤健次、田原佳祐、南 康夫、片山 郁文、武田 淳、柳 和宏、北島 正弘、『金属型CNT におけるコヒーレントフォノンのフェルミエネルギー依存性』、IA-7、第24回光物性研究会(大阪市立大学、2013年12月13日-14日).

南 康夫、荒木光太郎、Thang Duy Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『ビスマス薄膜内キャリアのテラヘルツ波応答』、IB-34、第24回光物性研究会(大阪市立大学、2013年12月13日-14日).

2013.11

<研究成果発表(研究会)>

武田 淳、『超高速光誘起過渡現象のシングルショット時間・周波数実時間イメージング』、物性研短期研究会「パルス超高圧力・高磁場下における物性研究」-非平衡状態の物性物理の創成を目指して-(東大物性研、2013年11月25日-26日)

<研究成果発表 (国際会議) >

M.Moriyama, N.Sugiyama, K.Shudo, I.Katayama, M.Kitajima and J.Takeda, " Ultrafast Measurements of Vibrations on Defective MoS2 Surface", 12th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures, 5PN-43 (Nov. 4-8, 2013, Tsukuba).

K.Shudo, T.Satake and J.Takeda, "Excited and Ground States of Benzene Molecules Adsorbed on Si(001) Surface", 12th International Conference on Atomically Controlled Surfaces, Interfaces and Nanostructures, 8aC1-5 (Nov. 4-8, 2013, Tsukuba).

2013.9

<研究成果発表(学会)>

荒木光太郎、南 康夫、T. D. Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『THz時間領域分光法を用いた半金属ビスマスの非線形応答』、18p-A14-13、第74回応用物理学会秋季学術講演会(同志社大学、2013年9月18日).

佐藤健次、田原佳祐、南 康夫、片山郁文、武田 淳、柳 和宏、北島正弘、『カーボンナノチューブにおける高周波コヒーレントフォノンのフェ・泣~エネルギー依存性』、27aDB-12、日本物理学会2013年秋季大会(徳島大学、2013年9月27日).

大庭 航、片山郁文、南 康夫、斎木敏治、武田 淳、『GeSbTeにおける光誘起相変化のシングルショット実時間イメージング』、25pDB-12、日本物理学会2013年秋季大会(徳島大学、2013年9月27日).

片山郁文、塩沢 優、池谷優樹、南 康夫、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた強誘電体LiNbO3フォノンポラリトンの時間領域二次元ラマン分光』、26pPSB-32、日本物理学会2013年秋季大会(徳島大学、2013年9月26日).

南 康夫、荒木光太郎、T. D. Dao、長尾忠昭、武田 淳、北島正弘、片山郁文、『高強度テラヘルツ波による半金属薄膜内キャリアの非線形ダイナミクス』、27aDB-3、日本物理学会2013年秋季大会(徳島大学、2013年9月27日).

2013.7

<研究成果発表(研究会)>

武田 淳、『カーボン系物質のスペクトル分解コヒーレントフォノン分光』、文部科学省研究費新学術領域:「コンピューティクスによる物質デザイン:複合相関と非平衡ダイナミクス」第1回研究会(東京大学本郷キャンパス武田先端知ビル、2013年7月8日-9日).

2013.6

<研究成果発表(学会)>

守山茉里、杉山夏輝、首藤健一、片山郁文、北島正弘、武田 淳、『欠陥構造を持つMoS2 の超高速振動分光による偏光特性測定』、P2-04、ナノ学会第11回大会(東京工業大学、2013年6月7日).

2013.4

<研究成果発表 (国際会議) >

J. Takeda, I. Katayama, K. Shudo and M. Kitajima (Invited Talk), "Coherent Phonon and Surface-Enhanced Raman Scattering Dynamics in Solids", 18th International Conference on Dynamical Processes in Excited States of Solids, II-1 (August 4-9, 2013, Fuzhou, China).

I. Katayama, Y. Hayashi, K. Masuda, Y. Minami, and J. Takeda, " Single-shot Terahertz Spectrometer Using an Echelon Mirror and Air Plasma", The 10th Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim, and The 18th OptoElectronics and Communications Conference, MC2-4 (30 June - 4 July 2013, Kyoto, Japan, Oral).

T. Ohshima, Y. Minami, I. Katayama and J. Takeda, "Broadband THz Time-Domain Spectroscopy of Halogen-Bridged Platinum Complexes", The 10th Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim, and The 18th OptoElectronics and Communications Conference, WPC-2 (30 June - 4 July 2013, Kyoto, Japan, Poster).

M. F. Avila-Ortega, I. Katayama, Y. Minami, J. Takeda and M. Kitajima, "Ultrafast Dynamics of the Interlayer Shearing Mode in Au Graphite Nanostructures", The 10th Conference on Lasers and Electro-Optics Pacific Rim, and The 18th OptoElectronics and Communications Conference, WPB-23 (30 June - 4 July 2013, Kyoto, Japan, Poster).

I. Katayama, M. Bito and E. Matsubara and M. Ashida, "Near-Infrared Time-Domain Spectroscopy using Broadband Phase-locked Electromagnetic Pulses", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS 2013), MC2-4, (San Jose, USA, June 9-14, 2013, Oral).

Y. Minami, Y. Hayashi, J. Takeda and I. Katayama, "Single-Shot Observation of THz Field with a Reflective Echelon Mirror", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS 2013), CW1K.2 (San Jose, USA, June 9-14, 2013, Oral).

I. Katayama, Y. Ikegaya, Y. Minami and J. Takeda, "Control of Phonon Polariton Propagation in LiNbO3 Single Crystals", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS 2013), JTh2A.25 (San Jose, USA, June 9-14, 2013, Poster)

K. Sato, I. Katayama, K. Tahara, Y. Minami, J. Takeda, K. Yanagi and M. Kitajima, "Resonant Enhancement of Coherent High-Order Phonons in Single-Walled Carbon Nanotubes", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS 2013), JTh2A.46 (San Jose, USA, June 9-14, 2013, Poster).

T. Takizawa, I. Katayama, Y. Minami, M. Kitajima, and J. Takeda, "E-mode Phonon-Polariton Dispersion in LiNbO3 Probed via Frequency-Resolved Coherent Phonon Spectroscopy", The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS 2013), JTh2A.39 (San Jose, USA, June 9-14, 2013, Poster).

I. Katayama, K. Shudo, J. Takeda, and M. Kitajima (Invited Talk), "Nanoscale and Femtosecond Phonon Dynamics Observed with Surface Enhanced Raman Scattering", Ultrafast Surface Dynamics 2013, (May 28-31 2013, Estes park, Colorado, Oral).

2013.3

<研究成果発表(光物性研究会:(日本物理学会:(広島大学、3/26-3/29、2013)&応用物理学会(神奈川工科大学、3/27-3/30、2013)>


片山郁文、佐藤健次、田原佳祐, 南 康夫、武田 淳、柳 和弘、北島正弘、『単層カーボンナノチューブにおけるコヒーレントフォノンの共鳴効果』、26aXP-13、日本物理学会第68回年次大会(広島大学、2013年3月26日).


池谷優樹、堺原弘行、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『強誘電体LiNbO3におけるフォノンポラリトン波束伝播の実時間イメージングとコヒーレント制御』、29aEH-11、日本物理学会第68回年次大会(広島大学、2013年3月29日)

南 康夫、林 勇介、片山 郁文、武田 淳、『シングルショットでのTHz波観察』、29a-D1-5、第60回応用物理学会春季学術講演会(神奈川工科大学、2013年3月29日).

2013.3

<研究成果発表(第8回ナノテク交流シンポジウム、横浜市大、3/6、2013)>

荒木光太郎、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『パルス面傾斜法を用いた高強度テラヘルツ波の発生とその応用』、第8回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、2012年3月6日).

菊池雄人、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『空間位相変調器を用いたsub-6fsレーザーパルス整形』、第8回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、2012年3月6日).

大庭航、八巻専元、伊東千尋、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『ポリジアセチレン薄膜における光誘起相転移過程のシングルショット実時間イメージング』、第8回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、2012年3月6日).

井上正裕、渡邊幸志、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『ダイヤモンド超格子の励起子発光』、第8回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、2012年3月6日).


新井弘樹、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『1光子及び2光子励起によるCuCl量子ドットの発光ダイナミクス』、第8回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、2012年3月6日).


増田開晴、林 勇輔、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いたプラズマによるテラヘルツ波のイメージング』、第8回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、2012年3月6日).

2012.12

<研究成果発表(光物性研究会:(大阪市立大学、12/7-12/8、2012)>

田原佳祐、古賀 翔、片山郁文、武田 淳、柳 和宏、北島正弘、(『(6,5) 単層カーボンナノチューブにおける波長分解コヒーレントフォノンの共鳴効果』、第23回光物性研究会(大阪市立大学、2012年12月7日-8日).

池谷優樹、 堺原弘行、 南 康夫、 片山郁文、 武田 淳、『強誘電体LiNbO3フォノンポラリトン伝播のシングルショット時間・周波数イメージングとそのコヒーレント制御』、第23回光物性研究会(大阪市立大学、2012年12月7日-8日).

林 勇輔、 南 康夫、 片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いたテラヘルツ電場波形のシングルショット測定』、第23回光物性研究会(大阪市立大学、2012年12月7日-8日).

八巻専元、南 康夫、片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた広帯域シングルショットポンプ・プローブイメージング分光』、第23回光物性研究会(大阪市立大学、2012年12月7日-8日).

2012.10

<研究成果発表(テラヘルツ分光法の最先端シンポジウム:(筑波大学、10/25-10/26、2012)>

林勇輔,南康夫,片山郁文,武田淳、『反射型エシェロンを用いたテラヘルツ波のシングルショットイメージング』、P-9、テラヘルツ分光法の最先端VI-ここまできたテラヘルツ時間領域分光-(筑波大学、2012年10月25日).

大島拓也,南康夫,片山郁文,武田淳、『擬一次元白金錯体の広帯域テラヘルツ時間領域分光』、P-15、テラヘルツ分光法の最先端VI-ここまできたテラヘルツ時間領域分光-(筑波大学、2012年10月25日).

滝澤建郁、片山郁文、南康夫、北島正弘、武田淳、『サブ10fsレーザーを用いたLiNbO3における広帯域THzフォノン・ポラリトン分散計測』、P-17、テラヘルツ分光・@の最先端VI-ここまできたテラヘルツ時間領域分光-(筑波大学、2012年10月25日).

2012.9

<研究成果発表(日本物理学会2012年秋季大会:(横浜国立大学、9/18-9/21、2012)>

八巻専元、片山郁文、南 康夫、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた広帯域ポンプ・プローブイメージング分光II』、18pPSB-23、日本物理学会2012年秋季大会(横浜国立大学、2012年9月18日).

大島拓也、南 康夫、片山郁文、末元 徹、武田 淳、『一次元ハロゲン架橋白金錯体の広帯域THz分光』、18aPSB-43、日本物理学会2012年秋季大会(横浜国立大学、2012年9月18日).

佐藤健次、古賀 翔、片山郁文、武田 淳、阿部峻佑、吹留博一、末光眞希、北島正弘、『コヒーレントフォノン分光法によるグラフェンの超高速ダイナミクス』、18pPSB-18、日本物理学会2012年秋季大会(横浜国立大学、2012年9月18日).

土井幸司郎、首藤健一、片山郁文、武田 淳、北島正弘、『ベンゼンにおけるコヒーレント振動の温度依存性』、18pPSB-11、日本物理学会2012年秋季大会(横浜国立大学、2012年9月18日).

滝澤建郁、片山郁文、南 康夫、北島正弘、武田 淳、『超短パルスレーザーを用いたLiNbO3における広帯域Eモードフォノン・ポラリトン測定』、21aFJ-2、日本物理学会2012年秋季大会(横浜国立大学、2012年9月21日).

2012.7

<研究成果発表 (国際会議) >

I. Katayama, K. Tahara, J. Takeda, K. Yanagi J. Tang, and M. Kitajima, "Resonant Enhancement of Coherent Phonons in Carbon Nanotubes Observed with Sub-10fs Time Resolution", Ultrafast Phenomena XVIII (8-13 July 2012, Lausanne).

K. Shudo, K. Doi, I. Katayama, M. Kitajima, and J. Takeda, " Ultrafast Measurements of Coherent Vibrations in Benzenethiol Monolayer Film", Ultrafast Phenomena XVIII (8-13 July 2012, Lausanne).

Y. Kabasawa, T. Eda, J. Hu, I. Katayama, J. Takeda, M. Kitajima, T. Katagiri, T. Sasagawa, and K. G. Nakamura, "Ultrafast Quasiparticle Dynamics of FeTe0.75Se0.25 Superconductor", Ultrafast Phenomena XVIII (8-13 July 2012, Lausanne).

M. Suemitsu, M.-H. Jung, H. Fukidome, I. Katayama, M. Kitajima, J. Takeda (Invited Talk), "THz Coherent Phonons in Graphene on Silicon", The 2nd International Symposium on Terahertz Nanoscience (TeraNano 2012), (Okinawa, Japan, July 4&5, 2012).

2012.6

<研究成果発表 (国際会議) >

Y. Kabasawa, T. Eda, J. Hu, I. Katayama, J. Takeda, M. Kitajima, T. Katagiri, T. Sasagawa, and K. G. Nakamura, "Ultrafast dynamics of electrons and phonons in iron-based superconductor FeTe0.75Se0.25", 6th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics, 1p-CH-P5 (Yokohama, Japan, June 26-28, 2012).

I. Katayama, S. Koga, J. Takeda, T. Shimada, S. Hishita, D. Fujita, and M. Kitajima, "Electron-phonon Coupling and Dephasing of Coherent Phonons in Ar+-ion Implanted Graphite", 6th International Conference on Science and Technology for Advanced Ceramics, 1p-CH-P6 (Yokohama, Japan, June 26-28, 2012).

M. Ando, S. Uozumi, I. Katayama, M. Ichimiya, M. Ashida, J. Takeda, "Photoluminescence Dynamics in CuCl Thin Films under High-Dense One- and Two-Photon Excitations", 5th International Conference on Optical, Optoelectronic and Photonic Materials and Applications (ICOOPMA 2012), (June 3-7, 2012, Nara, Japan).

I. Katayama, S. Koga, J. Takeda, S. Abe, H. Fukidome, M. Suemitsu, M. Kitajima, "Coherent Phonon Dynamics in Graphene on Silicon", 5th International Conference on Optical, Optoelectronic and Photonic Materials and Applications (ICOOPMA 2012), (June 3-7, 2012, Nara, Japan).

2012.3

<研究成果発表(第67回年次大会:(関西学院大学、3/24-3/27、2012) ) >

首藤健一、土井幸司郎、片山郁文、北島正弘、武田 淳、『ベンゼンチオールのコヒーレント振動の金表面吸着による変化』、26pBL-12、日本物理学会第67回年次大会(関西学院大学、2012年3月26日).

横田耕一郎、武田 淳、長尾忠昭、C. Dang、韓 貴、菱田俊一、北島正弘、片山郁文、『半金属Bi超薄膜における表面金属状態の時間領域THz分光』、24pPSA-36、第67回年次大会物理学会(関西学院大学、2012年3月24日).

<研究成果発表(第59回応用物理学・ヨ係連合講演会:(早稲田大学、3/15-3/18、2012)) >

田原佳祐、古賀 翔、片山郁文、武田 淳、柳 和宏、島田 透、北島正弘、『単層カーボンナノチューブにおけるコヒーレントフォノンの検出波長依存性』、17p-E9、2012年春季第59回応用物理学関係連合講演会(早稲田大学、2012年3月17日).

八巻専元、片山郁文、武田 淳、『反射型エシェロンを用いた広帯域シングルショットポンプ・プローブイメージング分光法の開発』、17p-E18、2012年春季第59回応用物理学関係連合講演会(早稲田大学、2012年3月17日).

小栗克弥、角井貴信、加藤景子、中野秀俊、西川正、後藤秀樹、舘野功太、片山郁文、武田 淳、寒川哲臣、『高次高調波を用いたフェムト秒時間分解表面光電子分光による過渡表面光起電力効果の観測』、18a-E11、2012年春季第59回応用物理学関係連合講演会(早稲田大学、2012年3月17日).

2011.9

<研究成果発表 (第72回応用物理学会学術講演会) >

林 勇輔、武田 淳、片山郁文、『回折格子結合LiNbO3単結晶を用いたテラヘルツ波発生』、1a-F-5、第72回応用物理学会学術講演会 (山形大学、2011年9月1日)

田原佳祐、古賀 翔、片山郁文、武田 淳、唐 捷、柳 和宏、島田 透、北島正弘、『局在表面プラズモンによるカーボンナノチューブのコヒーレントフォノン振幅増強』、30a-ZH-3、第72回応用物理学会学術講演会 (山形大学、2011年8月30日)

<研究成果発表 (日本物理学会2011秋季大会) >

古賀 翔、土井幸司郎、片山郁文、島田 透、加藤景子、菱田俊一、藤田大介、武田 淳、北島正弘、『グラファイトにおけるコヒーレントDモードフォノンの検出波長依存性』、22aTE-8、日本物理学会2011秋季大会 (富山大学、2011年9月22日)

安藤光健、片山郁文、一宮正義、芦田昌明、武田 淳、『1光子・2光子励起における半導体CuCl薄膜の高密度励起発光ダイナミクス』、21pPSB-17、日本物理学会2011秋季大会(富山大学、2011年9月21日).

八巻専元,堺原弘行,片山郁文,武田 淳、『反射型エシェロンを用いた広帯域ポンプ・プローブイメージング分光』、22pPSA-57、日本物理学会2011秋季大会(富山大学、2011年9月21日).

堺原弘行、片山郁文、市田秀樹、兼松泰男、武田 淳、『LiNbO3におけるテラヘルツフォノンポラリトンの検出波長依存・ォ』、24aTL-8、日本物理学会2011秋季大会(富山大学、2011年9月24日).

2011.6

<研究成果発表 (国際会議) >

I. Katayama, H. Aoki, J. Takeda, H. Shimosato, M. Ashida, R. Kinjo, I. Kawayama, M. Tonouchi, M. Nagai and K. Tanaka,
"Direct Observation of the Soft-Mode Anharmonicity in SrTiO3",
International Conference on Luminescence (ICL'11), WP102 (Ann Arbor, USA, June 26-July 1, 2011).

M. Ando, M. Yazaki, I. Katayama, H. Ichida, S. Wakaiki, Y.Kanematsu, J. Takeda
"Photoluminescence Dynamics due to Biexciton and Exciton-Exciton Scattering Process in Layered-type Semiconductor PbI2"
16th International Conference on Luminescence & Optical Spectroscopy of Condensed Matter
(University of Michigan, Ann Arbor, Mi, USA June 27-July 1, 2011)

K. Satake, I. Akai, M. Kimura, I. Katayama, J. Takeda
"Dynamics and Efficiency of Energy Transfer in Light-harvesting π-conjugated Small Denderimers"
16th International Conference on Luminescence & Optical Spectroscopy of Condensed Matter
(University of Michigan, Ann Arbor, Mi, USA June 27-July 1, 2011)

2011.3

<研究成果発表(日本物理学会第66回年次大会:(新潟大学五十嵐キャンパス、3/25-28、2011))>

安藤光健,片山郁文,市田秀樹,若生周治,兼松泰男,武田淳
「層状半導体PbI2における励起子・励起子散乱及び励起子分子の発光ダイナミクスII」

<研究成果発表(第58回 応用物理学関係連合講演会:(神奈川工科大学、3/24-27、2011))>

古賀 翔, 片山郁文, 武田 淳, 阿部峻佑, 吹留博一, 末光眞希, 島田 透, 北島正弘
「グラフェンにおけるコヒーレントフォノン」

田原佳祐, 古賀翔, 片山郁文, 武田淳, 唐捷, 島田透,北島正弘
「カーボンナノチューブにおけるコヒーレントフォノンの振幅増強」

<研究成果発表(第6回ナノテク交流シンポジウム:(横浜市立大学・シーガルホール、3/4、2011))>

田原佳祐、古賀翔、片山郁文、武田淳、北島正弘
「カーボンナノチューブにおけるDモードコヒーレントフォノンの振幅増強」

林勇輔、片山郁文、武田淳
「グレーティング結合型LiNbO3を用いた高強度テラヘルツ波発生」

八巻専元、堺原弘行、片山郁文、武田淳
「反射型エシェロンを用いた広帯域ポンプ・プローブイメージング分光法の開発」

土井幸司郎、古賀翔、片山郁文、武田淳
「金ナノ構造を用いた表面増強ラマン散乱の時間分解計測」

池谷優樹、片山郁文、武田淳
「2次・ウ空間位相変調器を用いた超短光パルス波形整形」

2010.12

<研究成果発表(第21回光物性研究会:(大阪市立大学・学術情報総合センター、12/10-12/11、2010))>

横田耕一郎、片山郁文、武田淳、韓貴、D. McCarthy、長尾忠昭、北島正弘
「時間領域THz分光を用いた半金属Bi超薄膜のキャリアダイナミクス」

古賀翔、片山郁文、武田淳、首藤健一、島田透、久保敦、菱田俊一、藤田大介、北島正弘
「Auナノ構造によるグラファイトのコヒーレントD-モードフォノンの振幅増強」

安藤光健、片山郁文、市田秀樹、兼松泰男、武田淳
「励起子共鳴及びバンド間励起における半導体PbI2の高密度励起発光ダイナミクス」

佐竹開、永吉祐子、赤井一郎、木村睦、片山郁文、武田淳
「光捕集性デンドリマーにおけるエネルギー伝達の時間・周波数実時間イメージング」

堺原弘行、片山郁文、武田淳
「反射型エシェロンを用いた超短光パルスとフォノンポラリトンのシングルショット時間・周波数イメージング」

2010.10

<研究成果発表 (国際会議) >

J. Takeda, H. Sakaibara and I. Katayama
"Single-Shot Time-Frequency Two-Dimensional Imaging for Irreversible Photoinduced Processes"
3rd Japanese-French Joint Seminar on Organic Photochromism
(Yokohama, Japan, October 21-22, 2010).

2010.9

<研究成果発表 (国際会議) >

I. Katayama, H. Shimosato, M. Bito, K. Furusawa, M. Adachi, H. Zen, M. Shimada, N. Yamamoto, M. Hosaka, S. Kimura, M. Kato, and M. Ashida(招待講演)
"Coherent Synchrotron Terahertz Radiation using Laser Bunch Slicing"
35th International Conference on Infrared, Millimeter, and Terahertz Waves
(Rome, Sep. 7, 2010, Tu-F1).

<研究成果発表(日本物理学会2010年秋季大会:(大阪府立大学、9/23-9/26、2010))>

片山郁文、古賀翔、首藤健一、武田淳、島田透、菱田俊一、藤田大介、北島正弘
「グラファイト表面におけるDモード・コヒーレントフォノンの振幅増強」

安藤光健、片山郁文、武田淳
「層状半導体PbI2における励起子・励起子散乱及び励起子分子の発光ダイナ・~クス」

横田耕一郎、片山郁文、武田淳、韓貴、D. McCarthy、長尾忠昭、北島正弘
「半金属Bi超薄膜におけるキャリアダイナミクスの時間領域THz分光」

大原潤、河野太郎、片山郁文、武田淳
「分子間振動から観る有機ラジカル結晶TTTAの相転移ダイナミクス」

<研究成果発表(第71回応用物理学関係連合講演会:(長崎大学、9/14-9/17、2010))>

堺原弘行、片山郁文、武田淳
「反射型エシェロンを用いた光Kerr効果による超短光パルスの実時間FROGイメージング計測」

古賀翔、片山郁文、武田淳、首藤健一、島田透、菱田俊一、藤田大介、北島正弘
「グラファイトにおけるコヒーレントDモードフォノンの表面プラズモン増強」

片山郁文、下里弘、赤井亮太、尾藤道隆、宮本克彦、伊藤弘昌、芦田昌明
「DAST単結晶を用いた超広帯域テラヘルツ波発生の位相整合条件」

2010.7

<研究成果発表 (国際会議) >

T. Kawano, I. Katayama, T. Shin, J. Wolfson, K. A. Nelson and J. Takeda
"Ultrafast Photoinduced Phase Conversion to a Metallic State in Quasi-One-dimensional Platinum Complexes under Extremely High-Density Excitation"
17th International Conference on Ultrafast Phenomena
(Snowmass Village, USA, July 18-23, 2010).

I. Katayama, S. Koga, T. Shimada, K. Kato, S. Hishita, D. Fujita, J. Takeda and M. Kitajima
"Dynamics of Coherent Phonons in Disordered Graphite"
17th International Conference on Ultrafast Phenomena
(Snowmass Village, USA, July 18-23, 2010).

S. Koga, I. Katayama, J. Takeda, T. Shimada, S. Hishita, D. Fujita, and M. Kitajima
"Enhancement of Coherent D-Mode Phonons in Highly-Oriented Pyrolytic Graphite"
SSSJ-A3 Foresight Joint Symposium on Nanomaterials and Nanostructures
(Tokyo, Japan, July 6, 2010).

N. Niimura, I. Katayama, T. Inada and J. Takeda
"Optical Response and Function Control of Protein with Photochromic Materials"
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010
(Kyoto, Japan, July 4-9, 2010).

Y. Nagayoshi, K. Satake, I. Akai, M. Kimura, I. Katayama and J. Takeda
"Energy Transfer Efficiency from Light-Harvesting Antennas to The Core in -Conjugated Small Dendrimers"
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010
(Kyoto, Japan, July 4-9, 2010).

T. Takeuchi, M. Mitarai, I. Katayama and J. Takeda
"Phase Transition Dynamics Probed with Photoluminescence due to Self-Trapped Excitons in an Organic Radical TTTA Crystal"
International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010
(Kyoto, Japan, July 4-9, 2010).

2010.5

<研究成果発表 (国際会議) >

I. Katayama, S. Koga, J. Takeda, T. Shimada, S. Hishida, D. Fujita and M. Kitajima
"Surface plasmon enhancement of coherent phonons in an ionimplanted graphite"
The International Conference on Nanophotonics 2010
(Tsukuba, Japan, May 30 - June 3, 2010).

I. Katayama, H. Aoki, J. Takeda, H. Shimosato, M. Ashida, R. Kinjo, I. Kawayama, M. Tonouchi, M. Nagai and K. Tanaka(招待講演)
"Nonlinear THz Spectroscopy on the Dielectric Thin Films"
The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS2010)
(San Jose, USA, May 16-21, 2010)

H. Sakaibara, I. Katayama and J. Takeda
"Time-Frequency Real-Time Imaging of Ultrashort Laser Pulses with a Single Echelon Mirror"
The Conference on Lasers and Electro-Optics (CLEO/QELS2010)
(San Jose, USA, May 16-21, 2010)

2010.4

<研究成果発表 (国際会議) >

J. Takeda, A. Ishida, and I. Katayama(招待講演)
"Real-Time Time-Frequency Two-Dimensional Imaging of Ultrafast Excited-State Dynamics in Light-Harvesting Nano- and Biomaterials"
International Conference on Nanomaterials: Synthesis Characterization and Applications (ICN2010),
(India, April 27-29, 2010.)

2010.3

<研究成果発表(第65回日本物理学会年次大会:(岡山大学、3/20-3/23、2010))>

大原 潤、山本昌司
『3角柱MX錯体におけるMott-Peierls絶縁相競合』

片山郁文、下里 弘、尾藤道隆、古澤 慧、阿達正浩、島田美帆、全 炳俊、木村真一、山本尚人、保坂将人、加藤政博、芦田昌明
『コヒーレントシンクロトロン放射光のテラヘルツ電場計測』

竹内太郎、御手洗圭、片山郁文、武田 淳
『有機ラジカル結晶TTTAの光誘起相転移における局所構造変化と閾値特性』

古賀 翔、片山郁文、武田 淳、首藤健一、島田 透、加藤景子、菱田俊一、藤田大介、北島正弘
『カーボン系材料におけるコヒーレントフォノンのプラズモン増強』

<研究成果発表(第57回応用物理学関係連合講演会:(東海大学、3/17-3/20、2010))>

片山郁文、下里 弘、尾藤道隆、古澤 慧、阿達正浩、島田美帆、全 炳俊、木村真一、山本尚人、保坂将人、加藤政博、芦田昌明
『コヒーレントシンクロトロン放射光テラヘルツ波の電場検出』

片山郁文、青木 寛、武田 淳、下里 弘、芦田昌明、金城隆平、川山 巌、斗内政吉、永井正也、田中耕一郎
『高強度テラヘルツパルスを用いた量子常誘電体の非調和性検出』

古賀 翔、片山郁文、武田 淳、島田 透、加藤景子、菱田俊一、藤田大介、北島正弘
『グラファイトのコヒーレントDモードフォノン』

堺原弘行、片山郁文、武田 淳
『反射型エシェロンを用いた超短光パルスの実時間イメージング』

<研究成果発表(第5回ナノテク交流シンポジウム:(横浜市立大学、3/6、2010))>

古賀 翔、片山郁文、武田 淳、北島正弘
『グラファイトにおけるコヒーレントフォノン』

安藤光健、矢崎壮登、片山郁文、武田 淳
『光カーゲート分光法による半導体PbI2の高密度発光ダイナミクス』

横田耕一郎、片山郁文、武田 淳
『Bi超薄膜の・L帯域・eラヘルツ時間領域分光』

佐竹 開、赤井一郎、木村 睦、片山郁文、武田 淳
『ナノスター型デンドリマーの時間・周波数イメージングとエネルギー伝達効率』

青木 寛、片山郁文、武田 淳、渡邊正義、上木岳士
『イオン液体におけるテラヘルツダイナミクス』

2009.12

<研究成果発表(第20回光物性研究会:(大阪市立大学・学術情報総合センター、12/11-12/12、2009))>

大原 潤、山本昌司
『梯子型ハロゲン架橋白金錯体における光誘起ダイナミクス』

古賀 翔、片山郁文、武田 淳、島田 透、加藤景子、藤田大介、北島正弘
『炭素系材料におけるコヒーレントフォノンとその欠陥効果』

河野太郎、片山郁文、武田 淳、Taeho Shin、Johanna Wolfson、Keith A. Nelson
『シングルショット分光法による一次元白金錯体の非線形光学応答』

2009.9

<研究成果発表(日本物理学会2009年秋季大会:(熊本大学、9/25-9/28、2009))>

下里弘,片山郁文,齋藤伸吾,島影尚,王鎮,芦田昌明,阪井清美B
『広帯域テラヘルツ時間領域分光による超伝導体MgB2薄膜の測定II

尾藤道隆,下里弘,片山郁文,芦田昌明
『光伝導アンテナによる180THzに及ぶ超広帯域電場検出』

大原潤,山本昌司
『梯子型ハロゲン架橋白金錯体の光誘起相転移』

大原潤,山本昌司
『光で観る3角柱MX錯体の基底状態』

山本昌司,大原潤
『3角柱MX錯体の多彩な電子相』

新村 生、稲田妙子、片山郁文、武田 淳
『フォトクロミック物質を修飾したタンパク質の基礎光学特性と光機能』

永吉祐子,赤井一郎,木村 睦,片山郁文,武田 淳
『光捕集性小型デンドリマーのエネルギー伝達効率と発光特性』

矢崎壮登、片山郁文、武田淳
『層状半導体PbI2の高密度励起子状態からの発光ダイナミクス』

青木 寛、片山郁文、武田 淳、渡邉正義、上木岳士
『イオン液体-芳香族炭化水素混合系における広帯域THz 分光』

堺原弘行、片山郁文、武田 淳
『反射型エシェロン光学素子を用いた超短光パルス計測II』

片山郁文、青木 寛、武田 淳、永井正也、田中耕一郎、下里 弘、芦田昌明、金城隆平、川山 巌、斗内・ュ吉
『量子常誘電体SrTiO3における非線形テラヘルツ分光』

2009.3

<研究成果発表(学際物質科学研究会:「先端光計測と光応答性材料」)>

武田 淳、(招待講演)『生体関連物質における超高速光応答の時間・周波数実時間イメージング』、(筑波大学、3/13-3/14、2009)

<研究成果発表(日本物理学会 第64回年次大会:立教大学(3/27-3/30))>

堺原弘行、片山郁文、武田 淳
『反射型エシェロン光学素子を用いた超短光パルス計測』

河野太郎、下里 弘、芦田昌明、武田 淳、片山郁文
『TTTAの反磁性常磁性相転移におけるテラヘルツ応答』

矢崎壮登、三堀真吾、今井 徹、片山郁文、武田 淳
『2光子吸収による層状半導体PbI2の高密度励起子発光のダイナミクス』

御手洗圭、竹内太郎、片山郁文、武田 淳
『TTTAにおける自己束縛励起子発光と相転移ダイナミクス』

永吉祐子,山田 愛,赤井一郎,木村 睦,片山郁文,武田 淳
『光捕集性デンドリマーのπ共役性とエネルギー伝達効率』

2008.12

<研究成果発表(第19回光物性研究会)>

赤井一郎ほか
『π共役光アンテナ系を有する光捕集性デンドリマーの超高速エネルギー伝達とその温度依存性』

山田 愛, 永吉祐子, 赤井一郎, 木村 睦, 片山郁文, 武田 淳
『ナノスター型光捕集デンドリマーの超高速エネルギー移動における側鎖依存性』

御手洗圭, 竹内太郎, 片山郁文, 武田 淳
『有機ラジカル結晶TTTAの自己束縛励起子発光から導く相転移ダイナミクス』

2008.11

<研究成果発表(第3回光誘起相転移国際会議)>

Katayama, K. Mitarai, and J. Takeda,
『Precursor of Two-Photon Induced Phase Transition in Organic Radical TTTA Crystals』,
The 3rd International Conference on Photo-Induced Phase Transitions and Cooperative Phenomena
(Osaka, Japan, November 11-15, 2008)

J. Takeda, Y. Makishima, A. Ishida, A. Yamada, and I. Katayama,
『Real-Time Time-Frequency Two-Dimensional Mapping of Ultrafast Excited-State Dynamics and Energy Flow in Biomaterials』
The 3rd International Conference on Photo-Induced Phase Transitions and Cooperative Phenomena
(Osaka, Japan, November 11-15, 2008)

2008.9

<研究成果発表(日本物理学会)>

三堀真吾、矢崎壮登、片山郁文、李常賢、八百隆文、武田淳
『ZnOナノ構造体の高密度励起子発光に対する光照射効果』

河野太郎、片山郁文、首藤健一、大野かおる、武田淳
『TTTA分子のポンププローブ分光』

<研究成果発表(応用物理学会)>

片山 郁文、下里 弘、川山 巌、斗内 政吉、芦田 昌明
『広帯域テラヘルツ時間領域分光法を用いた誘電体薄膜評価』

2008.7

<研究成果発表(国際会議)>

The 15th International Conference on Luminescence and Optical Spectroscopy of Condensed Matter (Lyon(France) from July 7 to 11, ICL’08).において以下の題目でポスター発表を行いました。

・I.Katayama, K.Mitarai, T.Kon and J.Takeda,
『Photoinduced Phase Transition in Strongly Correlated TTTA Crystals Probed with Two-Photon Luminescence』

・A.Yamada, A.Ishida, I.Akai, M.Kimura, I.Katayama and J.Takeda
『Energy transfer dynamics in light-harvesting small dendrimers studied by time-frequency two-dimensional imaging spectroscopy』

2008.6

<研究成果発表(国際会議)>

第8回励起子過程の国際会議において、下記の2件の発表を行いました。

S. Mitsubori, S. H. Lee, T. Yao, I. Katayama and J. Takeda,
『Ultarafast Dynamics of High-Density Carriers in ZnO Nano-Multipods Studied by Femtosecond Optical Spectorscopy』
The 8th International Conference on Excitonic Processes in Condensed Matter (Kyoto, Japan, June 22-June 27, 2008)

I. Akai, K. Miyanari, T. Shimamoto, A. Fujii, H. Nakao, A. Okada, K. Kanemoto, T. Karasawa, A. Ishida, A. Ymada, I. Katayama, J. Takeda and M. Kimura,
『Rapid Energy Transfer and its Temperature dependence in π-Conjugated Dendrimeters』
The 8th International Conference on Excitonic Processes in Condensed Matter (Kyoto, Japan, June 22- June 27, 2008)

本・、究室の修士2名がInternational Conference on Quantum Simulators and Design 2008 (Tokyo (Japan) from May 31 to June 3, 2008)において以下の題目でポスター発表を行いました。

J. Takeda, Y. Makishima, A. Ishida, A. Yamada and I. Katayama,
『Real-Time Time Frequency Two-Dimensional Visualization of Ultrafast Excited-State Dynamics in Biomaterials』

S.Mitsubori, I.Katayama, S.H.Lee, T.Yao and J.Takeda
『Ultrafast Lasing due to Electron-Hole Plasma in ZnO Nano-Multipods』

T.Kawano, I.Katayama, K.Shudo, K.Ohno, and J.Takeda
『Pump-Probe Spectroscopy and Electronic State Calculation of Strongly Correlated Organic Radical TTTA』

2008.3

<研究成果発表(第55回応用物理学関係連合講演会)>

・下里弘, 片山郁文, 齋藤伸吾, 芦田昌明, 角屋豊, 阪井清美
『THz-TDSでの光伝導アンテナ検出におけるLT-GaAsの作製温度依存性』

赤井亮太,下里弘,片山郁文,芦田昌明,宮本克彦,伊藤弘昌
『光伝導アンテナを用いた近赤外パルス電場検出』

※上記2つは片山先生が大阪大学にて続けられていた研究です。

<研究成果発表(第3回ナノテク交流シンポジウム)>

・御手洗圭、 今 豊紀、 片山 郁文、 武田 淳
『強相関物質を用いた磁性制御』

・山田 愛、石田明大、片山郁文、武田 淳(*優秀ポスター賞受賞)
『第二世代実時間イメージング分光法の開発と応用〜生体関連物質の超高速エネルギー伝達の実時間観測〜』

※修士1年の山田愛さんが優秀ポスター賞を受賞しました。

<研究成果発表(日本物理学会)>

・三堀真吾、李常賢、八百隆文、片山郁文、武田淳
『ZnOナノ構造体の高密度励起子発光のダイナミクス』

・今豊紀、御手洗圭、片山郁文、武田淳
『強相関有機ラジカル結晶TTTAの2光子吸収による自己束縛励起子発光と光誘起相転移』

・石田明大、山田愛、岡田明、赤井一郎、鐘本勝一、唐沢力、木村睦、片山郁文、武田淳
『光捕集性小型デンドリマーの超高速エネルギー移動の時間・周波数実時間イメージングII』

・山田愛、石田明大、赤井一郎、木村睦、片山郁文、武田淳
『時間・周波・博タ時間イメージングによる光捕集性小型デンドリマーの超高速エネルギー移動の側鎖依存性』

・赤井亮太、下里弘、片山郁文、芦田昌明、伊藤正
『テラヘルツから近赤外に及ぶ超広帯域時間領域分光法の開発』

・下里弘、片山郁文、齋藤伸吾、島影尚、辰巳正裕、王鎮、芦田昌明、伊藤正、阪井清美
『広帯域テラヘルツ時間領域分光による超伝導体MgB2薄膜の測定』

※修士1年の山田・、さんが優秀ポスター賞を受賞しました。
※下2項は片山先生が大阪大学にて続けられていた研究です。

2008.2

<卒業論文発表>

本研究室の4年生が、以下の題目で卒業論文の発表を行いました。
御手洗圭、『強相関有機ラジカル TTTAにおける自己束縛励起子発光と光誘起相転移』 

2008.2

<修士論文発表>

本研究室の修士2年生が、以下の題目で修士論文の発表を行いました。
・石田明大:『極微量生体関連物質における超高速エネルギー移動の時間・周波数実時間イメージング』
・今豊紀:『強相関有機ラジカルTTTAの2光子吸収による巨大光誘起磁気相転移』
・鈴木晴久:『強相関有機ラジカルTTTAの発光と緩和過程』

2007.12

<研究成果発表(光物性研究会)>

・第18回光物性研究会(大阪市立大学・学術情報総合センター)において、以下のタイトルでポスター発表(及びショートプレゼンテーション)を行いまし た。

・ 石田明大、山田 愛、岡田 明、赤井一郎、鐘本勝一、唐沢 力、木村 睦、武田 淳
『ナノスター型光捕集デンドリマーの超高速エネルギー移動の時間・周波数実時間イメージング』

・ 今 豊紀、武田 淳
『強相関有機ラジカル結晶TTTAの2光子吸収による発光と光誘起相転移 』

・ 赤井亮太、下里弘、片山郁文、芦田昌明、伊藤正
『光伝導アンテナを用いた170THzを超える超広帯域THz波の電場検出 』

・ 下里弘、片山郁文、齋藤伸吾、芦田昌明、伊藤正、角屋豊、阪井清美
『テラヘルツ波の光伝導アンテナ検出におけるLT-GaAs基板の成長温度・アニール温度依存性』

※修士2年の今豊紀君が奨励賞を受賞しました。

2007.12

<研究室の・V規メンバ・[について>

大阪大学から片山郁文先生が横浜国立大学のIRCセンターの特任助教として赴任されます。

2007.9.21-24

<研究成果発表(日本物理学会)>

・三堀 真吾、 李 常賢、 八百 隆文、 武田 淳
『ZnOナノ構造体の高密度励起子による誘導放出発光』

・今 豊紀、武田 淳
『強相関有機ラジカル結晶TTTAの2光子吸収による光誘起磁気相転移』

・石田明大, 山田愛, 岡田明, 赤井一郎, 鐘本勝一, 唐沢力, 木村睦, 武田淳
『光捕集性小型デンドリマーの超高速エネルギー移動の時間・周波数実時間イメージング』

2007.8.3

<公募案内>

人事公募案内を掲載しました。(終了)

2007.8.2

<研究成果発表(ナノテクシンポジュウム)>

・今 豊紀、 鈴木 晴久、 武田 淳
『光磁気機能を付与したマイクロマシン創成のための要素技術の開発』、
ナノテクシンポジュウム (神奈川、横浜ワールドポーターズ)

・三堀 真吾、 武田 淳
『ZnOナノ構造体の光ポンピングによる青色レーザー発振』、
ナノテクシンポジュウム (神奈川、横浜ワールドポーターズ)

・石田 明大、 山田 愛、 武田 淳
『光機能性マイクロマシン開発に供する時間・周波数2次元実時間マッピング装置の開発』ナノテクシンポジュウム (神奈川、横浜ワールドポーターズ)

2007.6.17-22

<研究成果発表(国際会議)>

本研究室の修士3名がThe 16th International Conference on Dynamical processes in Excited States of Solids (Segovia (Spain) from June, 17 to 22, 2007)において以下の題目でポスター発表を行いました。

・A. Ishida, Y. Makishima, A. Okada, I. Akai, K. Kanemoto, T. Karasawa, M. Kimura and J. Takeda, "Time-Frequency Two-Dimensional Mapping of Rapid Energy Transfer in Light-Harvesting Star-Shaped Dendrimers"

・H. Suzuki, S. Oguri, T. Kon, T. Yokoi, S. Ishii, K. Ohno and J. Takeda,
"Luminescence Properties and Relaxation Processes of Strongly Correlated Organic Radical TTTA Crystals and Molecules"

・T. Kon, S. Oguri and J. Takeda,
"Photoluminescence and Photoinduced Magnetic Phase Transition in an Organic Radical TTTA Crystal Studied by Two-Photon Absorption"

2007.6.9

<研究成果発表>

武田 淳
『超高速光誘起現象の可視化技術の創出と励起状態を介した物性・物質制御』
 特定領域研究:次世代量子シミュレータ・量子デザイン手法の開発顔合わせ会議(国際高等研究所、6/9、2007)

2007.6.1

<研究室の新規メンバ・[について>

事務補助員として綱島奈央さんが加わりました。


2007.4

<研究費・共同研究>

平成19年度文部科学省科学研究費:基盤研究B「光誘起非線形現象を用いたナノ・ミクロ磁気秩序制御と機能性マイクロマシン創成」(190万円)が継続採 択されました。

2007.4.05

<研究室の新規メンバーについて>

研究室に新規メンバー 御手洗圭君(4年生)、今井徹君(4年生)、三堀真吾君(修士1年)、山田愛さん(修士1年)を迎えました。

2007.4

<研究費・共同研究>

平成19年度文部科学省:特定領域研究「次世代量子シミュレータ・量子デザイン手法の開発」に当研究室の「超高速不可逆光誘起現象の可視化技術の創出と励 起状態を介した物性・物質制御」(2年間:総計860万円)が新規採択されました。

2007.4

<研究費・共同研究>

池谷科学振興財団の平成19年度研究助成に当研究室の「光捕集ナノスターデンドリマーの超高速エネルギー伝達の時間・周波数2次元マッピングと高効率レー ザー素子への応用」(150万円)が採択されました。

2007.3.18-3.21

<研究成果発表(日本物理学会)>

・今 豊紀、鈴木 晴久、武田 淳、
『有機ラジカル結晶TTTAの2光子吸収による発光と光誘起相転移』、日本物理学会 2007年 春季大会(鹿児島、鹿児島大学)

2007.3.08

<研究成果発表(ナノテク交流シンポジウム)>

・石田 明大、武田 淳
『有機系・生体系材料に供するフェムト秒時間・周波数実時間イメージング分光装置の開発』、第2回ナノテク交流シンポジウム(横浜市立大学、3/8、 2007)

・今 豊紀、武田 淳、
『有機系・生体系材料に供するフェムト秒時間・周波数実時間イメージング分光装置の開発』、第2回ナノ・eク交流シンポジウム(横浜市立大学、3/8、 2007)

※修士1年の石田明大君が優秀ポスター賞を受賞しました。

2007.2.20

<卒業論文発表>

本研究室の学部4年生が、以下の題目で卒業論文の発表を行いました。

中嶋透、『層状半導体PbI2の1光子・2光子吸収による高密度励起子発光』
名雪正寿、『カロテノイド薄膜における超高速現象の時間・周波数2次元イメージング』
三次譲、『極微量有機系・生体系試料に供する実時間イメージング分光法の開発』
三堀真吾、『ZnOナノ構造体の高密度励起子による誘導放出発光』

2007.2.09

<研究成果発表(合同研究成果報告会)>

・研究発表
武田 淳、
『強相関有機ラジカルの光による磁気秩序制御とマイクロマシンへの応用』
平成18年度研究成果報告会(共同研究推進センター)

・ポスター発表
石田 明大、 武田 淳
『生体系材料に供するフェムト秒時間・周波数実時間マッピング装置の開発』
平成18年度研究成果報告会(共同研究推進センター)

今 豊紀、 武田 淳
『2光子励起による有機ラジカルTTTAの光誘起磁気秩序制御』
平成18年度研究成果報告会(共同研究推進センター)

2007.1.

<講演>

武田 淳、「生体系物質における超高速過渡現象の時間・周波数2次元マッピング」
励起ナノプロセスの基盤形成:第2回研究会(和歌山大学、1/15、2007)pp. C-5-1~5-2.

2006.12.8-9

<研究成果発表(光物性研究会)>

・第17回光物性研究会(大阪市立大学・学術情報総合センター)において、以下のタイトルでポスター発表(及びショートプレゼンテーション)を行いまし た。

・石田 明大, 牧嶋 良哲, 岡田 明, 赤井 一郎, 鐘本 勝一, 唐沢 力, 木村 睦, 武田 淳
『ナノスター型光捕集デンドリマーの超高速エネルギー移動の時間・周波数2次元マッピング』

2006.11.29-12.1

<研究成果発表(科学機器展in東京)>

・研究発表
石田 明大、武田 淳
『時間・周波数分解2次元フェムト秒実時間イメージング分光装置の開発』
全日本科学機器展 in 東京 2006、(東京ビックサイト、11/29-12/1、2006)

2006.10.19

<研究成果発表(神奈川産学公交流研究発表会)>

・研究発表
武田 淳、
『実時間イメージング分光装置の開発と超高速過渡現象の時間・周波数2次元マッピング』、平成18年度神奈川県産学公交流研究発表会(海老名、神奈川県産 業技術センター)

・ポスター発表
石田 明大、
『人口光合成ナノマテリアルにおける超高速過渡現象の時間・周波数実時間2次元イメージング』、平成18年度神奈川県産学公交流研究発表会(海老名、神奈 川県産業技術センター)

今 豊紀、
『強相関有機ラジカル物質の光による非線形磁気秩序・構造制御』、平成18年度神奈川県産学公交流研究発表会(海老名、神奈川県産業技術センター)

2006.9.23-26

<研究成果発表(日本物理学会)>

・武田 淳、牧嶋 良哲、石田 明大、岡田 明、赤井 一郎、鐘本 勝一、唐沢 力、木村 睦、『ナノスター型光捕集デンドリマーの超高速エネルギー移動 の時間・周波数実時間イメージング』、日本物理学会 2006年 秋季大会(千葉、千葉大学)

・石田 明大、牧嶋 良哲、武田 淳、『ベータカロテン薄膜の光劣化と超高速現象の時間-周波数実時間イメージング』、日本物理学会 2006年 秋季大 会(千葉、千葉大学)

・鈴木 晴久、今 豊紀、小栗 誠司、横井 敏宏、石井 聡、大野 かおる、高橋 陽太郎、末元 徹、武田 淳、『強相関有機ラジカルTTTAの発光と緩和過程』、日本物理学会 2006年 秋季大会(千葉、千 葉大学)

2006.9.7

<セミナー>

武田 淳、
「フェムト秒分光法によるZnO薄膜の高密度励起状態からの発光のダイナミクス」(東北大学学際科学国際高等研究センター、2006.9.7)

2006.8.2

<研究成果発表(ナノテクシンポジュウム)>

・石田 明大、名雪 正寿、三次 譲、武田 淳、『光捕集型生体系試料における超高速過渡現象の時間・周波数実時間イメージング』、ナノテクシンポジュウ ム (神奈川、ランドマークタワー)

・今 豊紀、鈴木 晴久、武田 淳、『2光子励起による強相関有機ラジカル結晶TTTAの光誘起磁気秩序制御』、ナノテクシンポジュウム (神奈川、ラン ドマークタワー)
2006.7.31-8.5

<研究成果発表(国際会議)>

J. Takeda, Y. Makishima and A. Ishida,
"Time- and Frequency-Resolved Two-Dimensional Transient Absorption Imaging of b-carotene in Solids",
15th International Conference on Ultrafast Phenomena, (Pacific Grove, California, USA, July 31- August 4, 2006).

2006.4

<研究費・共同研究>

昨年に引き続き、日本学術振興会から基盤研究B(一般):「光誘起非線形現象を用いたナノ・ミクロ磁気秩序と機能性マイクロマシン創成」継続が採択されま した。
     
昨年に引き続き、経済産業省「地域新生コンソーシアム研究開発事業」、「次世代高機能SiCを用いた半導体製造装置・高精度部品の開発」(研究統括者:足 立茂)が継続採択されました。

平成18年度東北大学金属材料研究所の共同研究課題:「光カーゲート時間分解光学利得スペクトル測定法の開発とZnO関連物質のキャリアダイナミクスの解 明」が新規採択されました。

2006.4.01

<研究室の新規メンバーについて>

研究室に新規メンバー 中嶋 透君(4年生)、名雪 正寿君(4年生)、三次 譲君(4年生)、三堀 真吾君(4年生)を迎えました。

2006.3.27-30

<研究成果発表(日本物理学会)>

・細谷 隼彦、辻本 翔、武田 淳、『2光子吸収によるPbI2の励起子・励起子散乱発光』、日本物理学会 第61回年次大会(松山、愛媛・松山大学)、 講演概要集4、p.736(2006).

・小栗 誠司、鈴木 晴久、今 豊紀、武田 淳、井上 俊一、小平 哲也、『2光子励起による有機ラジカル結晶TTTAにおける光誘起相転移U』、日本物 理学会 第61回年次大会(松山、愛媛・松山大学)、講演概要集4、p.734(2006).

・香月 裕人、新井 伸幸、武田 淳、高 恒柱、八百 隆文、『ZnO薄膜における2光子吸収による高密度励起子発光のダイナミクス』、日本物理学会 第 61回年次大会(松山、愛媛・松山大学)、講演概要集4、p.737(2006).

・牧島 良哲、石田 明大、武田 淳、『フェムト秒実時間イメージング分光法による超高速光誘起現象の時間・周波数2次元マッピング』、日本物理学会 第 61回年次大会(松山、愛媛・松山大学)、講演概要集4、p.762(2006).

2006.3

・レ、究成果発表>

電子情報通信学会第4回超高速 エレクトロニクス研究会において、『フェムト秒実時間イメージング分光法による超高速過渡現象の時間・周波数2次元マッピ ング』(上智大学、20063.17)の招待講演を行いました。

2006.2.17

<卒業論文発表>

本研究室の学部4年生が、以下の題目で卒業論文の発表を行いました。

・石田明大:『生体系薄膜試料における超高速過渡現象の時間・周波数実時間2次元マッピング』
・今豊紀:『2光子共鳴による強相関有機ラジカルTTTAの光誘起磁気相転移』
・鈴木晴久:『強相関有機ラジカルTTTA結晶の発光と緩和過程』
・辻本翔:『PbI2 薄膜の1光子・2光子吸収過程による高密度発光現象』

2006.2.14

<修士論文発表>

本研究室の修士2年生が、以下の題目で修士論文の発表を行いました。

・新井伸幸:『フェムト秒光カーゲート分光法によるZnO薄膜の励起子-モット転移の観測』
・小栗誠司:『強相関有機ラジカルモット絶縁体の光誘起相転移と磁気秩序制御』
・細谷隼彦:『2光子吸収による層状半導体PbI2の高密度励起子生成とその制御』
・牧嶋良哲:『ポンプ・プローブ実時間イメージング分光法の開発と生体系超高速光誘起現象の時間・周波数2次元マッピング』

2005.12.9-10

<研究成果発表(光物性研究会)>

第16回光物性研究会(大阪市立大学・学術情報総合センター)において、以下のタイトルでポスター発表(及びショートプレゼンテーション)を行いました。

・新井 伸幸、香月 裕人『1光子・2光子吸収によるZnO薄膜の発光のダイナミクス』
・小栗 誠司『有機ラジカル結晶TTTAの発光と光誘起相転移』
・牧嶋 良哲『1ショットで動作するフェムト秒実時間イメージング分光法の開発』
・細谷 隼彦、香月 裕人『PbI2における1光子・2光子励起による高密度発光現象』

2005.11

<JSTシーズ育成試験採択のお知らせ>

科学技術振興機構(JST)の平成17年度重点地域研究開発推進事業:シーズ育成試験に、当研究室の「バイオ・ナノ材料の光機能性評価に供する超高速実時 間マッピング装置の開発」が、7.4倍の競・・ヲを勝ち抜き採択されました!横浜国大からはわずか2件(申請19件)の採択でした。詳しくは、JSTおよび 文部科学省記者クラブへのプレス発表(こちら)をご覧下さい。

2005.11.5

<学際プロジェクト研究発表>

横浜国立大学常盤祭のオープンラボ企画として、学際プロジェクト発表会が図書館メディアホールにて行われ、牧嶋、小栗が『ナノミクロ光機能制御』というタ イトルで発表しました。

2005.9.19-22

<研究成果発表(日本物理学会)>

日本物理学会2005年秋季大会(同志社大学京田辺キャンパス)において、以下の題目でポスター発表を行いました。

・細谷 隼彦『1光子・2光子吸収によるPbI2の高密度励起子状態からの発光』
・牧嶋 良哲『1ショットベースによる過渡吸収現象の時間−周波数実時間イメージング』

2005.8

<プロジェクト採択のお知らせ>

経済産業省の平成17年度「地域新生コンソーシアム研究開発事業」(一般枠) に、当研究室も参加する
「次世代高機能SiCを用いた半導体製造装置・高精度部品の開発」
(研究統括者:足立茂)が厳しい審査の結果採択されました。
これは、(株)日本ファインセラミックス、(株)東北セラミック、(株)仙台ニコン、宮城県産業技術総合センター、東北大学、横浜国立大学が共同して行う 研究開発事業です。詳しくは、経済産業省のプレスリリースをご覧下さい。

2005.8.1-5

<研究成果発表(国際会議)>

本研究室の修士3名がThe 15th International Conference on Dynamical processes in Excited States of Solids (Shanghai, China, August 1-5, 2005)において以下の題目でポスター発表を行いました。

・牧嶋良哲:"Femtosecond real-time pump-probe imaging spectroscopy implemented on a single shot basis"
・細谷隼彦:"Dynamics of high-density excitons in PbI2 studied by two-photon absorption"
・新井伸幸:"Dynamics of High-Density Excitons and Electron-Hole Plasma in ZnO Epitaxial Thin Films"

2005.8.3

研究成果発表(シンポジウム)>

ナノテクノロジーシンポジウム2005(横浜国立大学)において、 本研究室の学生が以下の題目で研究紹介を行いました。

・香月裕人:『光カーシャッターを用いたフェムト秒蛍光寿命測定装置』
・小栗誠司、鈴木晴久:『有機ラジカルモット絶縁体を用いた光磁気材料の開発』

2005.7.25-29

<研究成果・ュ表(国際会議)>

14th International Conference on Luminescence (Beijing, China, July 25-29, 2005)
において、武田淳が、
"A New Luminescence due to an Exciton-Exciton Collision Process in Lead Iodide Induced by Two-Photon Absorption"でポスター発表を行いました。

2005.7

<助成金交付(財団法人横浜学術教育振興財団)>

本研究室の学生である新井伸幸、牧嶋良哲に対して、財団法人横浜学術教育振興財団による海外派遣費助成の助成金が交付されました。

2005.7

<雑誌記事掲載のお知らせ>

当研究室の論文[62]が、アメリカのフォトニクス関連の科学と産業を扱う著名雑誌"Photonics Spectra"の2005年1月号のNews & AnalysisのPhotonics Technology World欄(pp. 24-25)及びそのon-line版で詳細に紹介されました。

2005.7.11-15

<研究成果発表(国際会議)>

International Quantum Electronics Conference 2005 and the Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2005(Toshi Center Kaikan, Tokyo, Japan, July 11-15)において、小栗誠司が
"Diamagnetic to Paramagnetic Phase Transition in an Organic Radical TTTA Crystal Induced by Two-Photon Excitation"でポスター発表を行いました。

2005.4

<平成17年度 科学研究費情報(研究代表者:武田 淳)>

厳しい審査を勝ち抜き、文部科学省及び学術振興会から科学研究費2件が採択されました。

・基盤研究B(一般):「光誘起非線形現象を用いたナノ・ミクロ磁気秩序制御と機能性マイクロマシン創成(課題番号17310068)」(総額1,480 万円)
・萌芽研究:「ナノスターデンドリマー・共役系ポリマーを用いた高効率レーザ素子の構築(課題番号16651063)」(総額360万円)

2005.4.1

<研究室の新規メンバーについて>

研究室に新規メンバー 石田 明大君(4年生)、今 豊紀君(4年生)、鈴木 晴久君(4年生)、辻本 翔君(4年生)を迎えました。

2005.4.1

<昇・i>

武田 淳が教授に栄進しました。

2005.3.24-27

研究成果発表(日本物理学会)>

日本物理学会2005年年次大会(東京理科大学)において、以下の題目でポスター発表を行いました。

・新井 伸幸『ZnO薄膜における励起子−励起子散乱発光のダイナミクス』
・小栗 誠司『二光子励起による有機ラジカル結晶TTTAにおける光誘起相転移』
・田中 慶太『位相マスクを用いた過渡回折格子分光法によるPbI2のキャリアダイナミクスの観測』
・牧嶋 良哲『フェムト秒実時間イメージング分光法による過渡吸収現象の2次元マッピング』

2005.2.18

<卒業論文発表>

本研究室の学部4年生が、以下の題目で卒業論文の発表を行いました。

・香月裕人:『ZnOエピタキシャル薄膜における高密度励起子状態のダイナミクス』
・西澤孝史:『顕微ラマン分光法による有機ラジカルTTTA単結晶の光誘起相転移』
・深谷亮:『位相マスクを用いた過渡回折分光法によるPbI2の高密度キャリアのダイナミクス』

2005.2.14

<修士論文発表>

本研究室の修士2年生が、以下の題目で修士論文の発表を行いました。

・岡部知行:『位相マスクを用いた過渡回折分光法によるZnO薄膜の高密度キャリアの緩和と拡散』
・田中慶太:『位相マスクを用いた過渡回折分光法の開発と半導体のキャリアダイナミクスの研究』

2005.2.4

<雑誌記事掲載のお知らせ>

フェムト秒実時間ポンプ・プローブイメージング分光法の論文(N. Furukawa et al., Appl. Phys. Lett., 85, pp.4645-4647 (2004).)の論文がPhotonics Spectraという雑誌の2005・N1月号、News&Analysis欄の Photonics Technology Worldに紹介されました。紹介記事はこちらからどうぞ。

2004.12.21

<論文採択のお知らせ>

オンラインのバーチャルジャーナル、Virtual Journal of Ultrafast Science--December 2003, Volume 3, Issue 12 (American Institute of Physics and the American Physical Society) にフェムト秒実時間ポンプ・プローブイメージング分光法の論文(N. Furukawa et al., Appl. Phys. Lett., 85, pp.4645-4647 (2004).)の論文が採択されました。

2004.12.3-4

<研究成果発表(光物性研究会)>

第15回光物性研究会(京都大学・百周年時計台記念館)において、
新井 伸幸が『ZnO薄膜における高密度励起子状態のダイナミクス』で、
小栗 誠司が『一光子・二光子励起による有機ラジカル結晶TTTAにおける光誘起相転移』で、
牧嶋 良哲が『周波数−時間同時分解2次元実時間イメージング分光法の開発』で
ポスター発表(及びショートプレゼンテーション)を行いました。

2004.9.12-15

<研究成果発表(日本物理学会)>

日本物理学会2004年秋季大会(青森大学)において、
小栗誠司が『顕微赤外分光法による有機ラジカル結晶の光誘起反磁性−常磁性磁気相転移』でポスター発表を行いました。

2004.7.25-30

<研究成果発表(国際会議)>

14th International Conference on Ultrafast Phenomena(Toki Messe Convention Center, Niigata, July 25-30, 2004)において、
古川直樹が"Direct visualization of transient absorption by real-time pump-probe imaging spectroscopy"でポスター発表を行いました。

2004.7

<助成金交付(財団法人横浜学術教育振興財団)>

本研究室の学生である小栗 誠司に対して、財団法人横浜学術教育振興財団による海外派遣費助成の助成金が交付されました。

2004.7.6-9

<研究成果発表(国際会議)>

The 6th International Conference on Excitonic Processes in Condensed Matter (EXCON '04) (Cracow, Poland)において、
小栗誠司が、"Photoinduced Diamagnetic to Paramagnetic Phase Transition in An Organic Radical Crystal Studied by Microscopic IR Measurements"でポスター発表を行いました。

2004.4

<平成16年度 科学研究費情報 (研究代表者:武田 淳)>

平成16年度科学研究費補助金(日本学術振興会):
基盤研究B(2)(課題番号:15340094)
『有機ラジカル結晶を用いた新規強相関物質の探索と光誘起磁気相転移の研究』
(平成15年度より平成16年度まで)

平成16年度科学研究費補助金(文部科学省):
萌芽研究(課題番号:16651063)
『ナノスターデンドリマー・共役系ポリマーを用いた高効率レーザ素子の構築』
(平成16年度より平成17年度まで)

2004.4

<プロジェクト採択のお知らせ>

横浜国立大学大学院・工学研究院の学際プロジェクト(4件)のうちの1つに、ナノミクロ物質科学:新規機能と構造の創生(代表者:大野かおる教授)が採択 されました。
当研究室もメンバーの一員として、光による新規物性・物質制御に向けて全力で取り組みます。

2004.4

<プロジェクト採択のお知らせ>

平成16年度横浜国立大学ベンチャービジネスラボラトリーの新規プロジェクトとして、
武田プロジェクト(超短パルスレーザ分光分析装置の開発と新規光・磁気環境調和材料の探索)が採択されました。
新規超高速レーザ分光装置の開発や光磁気環境調和材料の開発に全力を尽くします。 

2004.4.1

<研究室の新規メンバーについて>

研究室に新規メンバー、牧嶋 良哲君(修士1年)、香月 裕人君(4年生)、西澤 孝史君(4年生)、深谷 亮君(4年生)を迎えました。

2004.3.27-30

<研究成果発表(日本物理学会)>

日本物理学会第59回年次大会(九州大学・箱崎キャンパス)において、
古川 直樹が『周波数−時間同時分解フェムト秒実時間分光法の開発U』で、
利根 勇基が『ZnOエピタキシャル薄膜における高密度励起子状態のダイナミ・Nス』で
ポスター発表を行いました。

2004.2.20

<卒業論文発表>

本研究室の学部4年生が、以下の題目で卒業論文の発表を行いました。
・新井伸幸:『ZnOエピタキシャル薄膜における励起子−励起子散乱過程のダイナミクス』
・小栗誠司:『赤外顕微分光法における有機ラジカルTTTA単結晶の光誘起相転移』
・半貫和彦:『フェムト秒実時間ポンプ・プローブイメージング分光法による超高速過渡吸収現象の視覚化』
・細谷隼彦:『自己相関波形測定によるレーザパルス幅の評価及びphase maskを用いた過渡回折分光法の開発』

2004.2.13

<修士論文発表>

本研究室の修士2年、利根勇基が『ZnOエピタキシャル薄膜における電子−正孔プラズマ及び高密度励起子状態のダイナミクスの研究』という題目で修士論文 の発表を行いました。

2003.12.5-6

<研究成果発表(光物性研究会)>

第14回光物性研究会(大阪市立大学・学術情報総合センター)において、
古川 直樹が『フェムト秒実時間ポンプ・プローブイメージング分光法の開発』で、
利根勇基が『ZnOエピタキシャル薄膜の電子−正孔プラズマ及び高密度励起子状態のダイナミクス』でポスター発表(及びショートプレゼンテーション)を行 いました。

2003.11

<助成金交付(財団法人住友財団)>

武田 淳に対して、財団法人住友財団による『実時間イメージング分光法による人工生体系物質の超高速エネルギー移動の解明』の助成金が交付されました。

2003.9.22-26

<研究成果発表(国際会議)>

11th International Conference on II-VI Compounds (Holiday Inn Select, Niagara Falls, New York, USA)において、 
武田 淳が"Relaxation and Diffusion of Photoexcited Carriers in ZnO Epitaxial Thin Films"、
利根 勇基が"Conversion of Electron-Hole Plasma to High Density Excitonic State in ZnO Epitaxial Thin Films"でポスター発表を行いました。

2003.9.20-23

<研究成果発表(日本物理学会)>

日本物理学会2003年秋季大会(岡山大学)において、
古川 直樹が『周波数−時間同時分解フェムト秒実時間分光法の開発』、
岡部 知行が『ZnOエピタキシャル薄膜における高密度キャリアの緩和と拡散』
花戸 修が『有機ラジカルTTTA結晶の光誘起相転移V』でポスター発表を行いました。

2003.7.25

<研究会の開催および発表>

横浜国立大学共同研究推進センターにおいて、教育研究高度化経費
「光による物質反応機構の制御・ニ超高速光デバイス・ナノデバイスの探索」第1回研究会を開催。
本研究室からは、古川 直樹が口頭発表、利根 勇基・岡部 知行・花戸 修がポスター発表を行いました。
(詳しくは、「Workshop」「Publications」に掲載)

2003.7

<助成金交付(財団法人横浜学術教育振興財団)>

本研究室の学生である利根 勇基に対して、財団法人横浜学術教育振興財団による海外派遣費助成の助成金が交付されました。

2003.7

<助成金交付(財団法人横浜学術教育振興財団)>

武田 淳に対して、財団法人横浜学術教育振興財団による研究助成金が交付されました。

2003.4.25

<助成金交付(財団法人日本科学協会)>

本研究室の学生である古川 直樹に対して、財団法人日本科学協会による
平成15年度笹川科学研究助成、『光合成の初期過程の研究に用いるフェムト秒ポンプ・プローブ実時間イメージング分光法の開発』(研究番号15-064) の助成金が交付されました。

2003.4

<平成15年度 科学研究費情報 (研究代表者:武田 淳)>

平成15年度科学研究費補助金(日本学術振興会):
基盤研究B(2)(課題番号:15340094)
『有機ラジカル結晶を用いた新奇強相関物質の探索と光誘起磁気相転移の研究』
(平成15年度より平成16年度まで)
 
平成15年度科学研究費補助金(文部科学省):
萌芽研究(課題番号:14654050)
『周波数・時間同時分解フェムト秒実時間イメージング分光装置の開発』
(平成14年度より平成15年度まで)

Contents

横浜国立大学

工学部

知能物理工学科

大学院工学研究院

大学院工学府

Advanced
Laser
Spectroscopy
And
Photophysics
(c)2003-2017 Takeda Katayama Laboratory in Yokohama National University